ソフトバンク、「iPhone 5」の盗難事件の被害状況を発表

本日、ソフトバンクが、「iPhone 5」の盗難事件について被害状況の概要を発表しています。


まず、盗難にあった携帯電話端末等は合計206台で、その内訳は、「iPhone 5」145台、「モバイルWi-Fiルーター」41台、「デジタルフォトフレーム」14台、「みまもりケータイ」5台、「iPhone 4S デモ機」1台だったそうです。

また同時に、予約時に使用する書類も盗難の被害にあったことが判明し、その件数は合計149件で、ユーザーの個人情報が記載されていたそうです。

なお、各店舗ごとの被害件数をまとめたものが下記の表で、詳しい内容については下記のプレスリリースへどうぞ。

 ・販売代理店の盗難被害に関わる報告とお詫びについて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で