モトローラとGoogle、「iOS 6」のマップアプリを揶揄する内容の広告を公開

「iOS 6」のリリース以降、マップアプリの情報量が少ない事や地図の内容に誤りがある事が話題になっていますが、Neowin.netによると、MotorolaとGoogleがこの「iOS 6」のマップアプリを揶揄する内容の広告画像をFacebookのファンページに掲載しているそうです。

その広告画像が下記画像で、「iPhone」(iOS 6)よりも地図アプリが勝っている事をアピールしており、「iPhone」の名前は「iLost」になっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で