2画面デジタルノートコンセプト「Courier」の構想がWindows 8向けデジタルノートアプリとして復活か?!

SlashGearによると、以前に話題になったものの結局開発が断念されたMicrosoftの2画面デジタルノートコンセプト「Courier」の構想が、Windows 8向けのデジタルノートアプリとして復活する予定である事が分かったそうです。

そのWindows 8向けアプリのコードネームは「Project Austin」と呼ばれており、ユーザーがデジタルメモなどを作成する事ができ、写真などをノートに加える事も可能とのこと。


また、「Project Austin」はメールやSkyDriveといった他のWindows 8アプリとも互換性があり、作成したメモをメールで送信したり、クラウドへ保存したりする事が出来るものと予想され、Microsoftの開発者であるJorge Pereira氏は「Project Austin」の発想の起源とコードの多くは「Courier」から得られたものである事を明らかにしているそうです。

なお、こちらのサイトで「Project Austin」のデモビデオを観ることが可能ですので是非どうぞ。

【関連エントリ】
 ・「Courier」の開発者が携わったスケッチアプリ「Paper」のダウンロード数、公開から2週間で150万件を突破
 ・Microsoft、「Courier」は製品化せず
 ・Microsoftの「Courier」のUIツアー動画
 ・Microsoft、CESで「Courier」を発表?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で