これまでに流出している次期iPhoneの各種パーツが本物である事が確認された?!

Macworld UKによると、これまでに多数流出している次期iPhoneのパーツはどうやら本物である可能性が高そうです。


ニュージーランドのPC Worldは、ニュージーランドの小売業者へ送付された次期iPhoneのコンポーネント(部品)に関して記述されたドキュメントを入手したそうで、そこに記載されているコンポーネントは昨日にiResQが公開した写真に写っているコンポーネントと合致するとのこと。

このドキュメントは信頼出来る関係者から入手したようで、次期iPhoneのカラーはブラックモデルは「グレー/ブラック」のツートンカラーで、ホワイトモデルは「ホワイト/シルバー」のツートンカラーになるそうです。

他にもより縦長のディスプレイを搭載するもののデザインは「iPhone 4/4S」に似ており、バッテリーはiResQが公開した写真と同じで、Dockコネクタも小型の物が採用されるとのこと。

また、Nano-SIMトレイやバイブレーターも確認され、バイブレーターは「iPhone 4S」のものより「iPhone 4」のものに似ているそうで、次期iPhoneは9月12日に発表される事になっているとのこと。

なお、iResQが公開した各種パーツの写真は下記の関連エントリをご参照下さい。

【関連エントリ】
 ・次期iPhone用とされる各種パーツを組み合わせてみたところの写真
 ・次期iPhoneのものとされるDockコネクタケーブルとバックケースを組み合わせてみた写真
 ・次期iPhoneとiPad miniのDockコネクタケーブルの写真

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で