「iOS」のSMSにセキュリティ上の欠陥があるとの情報に対し、Appleがコメント

昨日に「iOS」のSMSにセキュリティの欠陥が見つかった事をお伝えしましたが、TNWによると、Appleがこの件に関してコメントしたそうです。


Appleは、SMSの代わりにiMessageを使用することでこの種のなりすまし攻撃を回避出来るとし、SMSの制限のうち1つは、それがメッセージをどの電話にでもなりすましたアドレスで送信することが可能であり、SMSで未知のウェブサイトやアドレスにリダイレクトされる場合、ユーザーは慎重になるように訴えているとのこと。

また、The LoopのJim Dalrymple氏もこのAppleのコメントに対し、「この脆弱性はiPhoneではなく、むしろSMSの技術にあり、SMSを使用する全ての携帯電話は同様に騙す事が出来る」との見解を明らかにしています。

【関連エントリ】
 ・「iOS」のSMS機能にセキュリティ上の欠陥が?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で