次期iPhoneのバックプレートは何故ツートンデザインなのか

次期iPhoneのバックプレートのツートンデザインは賛否両論があるのですが、Cult of Macによると、工業デザイナーのDon Lehman氏が、次期iPhoneのバックプレートがなぜツートンデザインなのかを予想しています。

Don Lehman氏はアンテナの為にこのようなデザインになったのではないかと予想しており、その予想図が下記の通りで、上下のU字の金属フレーム部分は「iPhone 4S」と同じく携帯電話のアンテナになっていて、ツートンの上部と下部のガラスもしくはプラスチック部分にGPS・Wi-Fi・Bluetooth・NFCのアンテナが内蔵されるのではないかとのこと。

(image source:Techblock)


あくまで予想で実際にはAppleが発表するまでその真相は分からないのですが、なぜこのようなツートンデザインを採用したのかは気になりますね。
(個人的には次期iPhoneのブラックモデルは嫌いじゃないですが…)

なお、現行モデルである「iPhone 4S」のアンテナ設計は、上部と下部のU字の金属フレーム部分が携帯電話のアンテナで、GPS・Wi-Fi・Bluetoothのアンテナはガラスのバックプレートの裏側となっています。
(下記画像参照)

(image source:Techblock)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で