Cultured Code、人気タスク管理アプリシリーズの最新版「Things 2.0」をリリース

本日、Cultured Codeが、同社の人気タスク管理アプリ「Things」シリーズをアップデートし、「Things for iPhone 2.0」、「Things for iPad 2.0」、「Things for Mac 2.0」をリリースしています。

 
(iPhone版のスクリーンショット)

なお、iOS版のバージョン2.0での新機能は下記の通りで、Mac版のみ「OS X Mountain Lion」やRetinaディスプレイのサポート、フルスクリーンモードなど新機能に若干違いがあります。

★Things Cloudを体験してください。あなたのTo-Doをすべてのデバイスに。
同期で悩む必要はもうありません。Things CloudにあなたのTo-Doを保存しておけば、Mac、iPad、iPhone、および iPod touch (iOSアプリは別売り)で自動的にアップデートが継続されます。環境設定でThings Cloudをオンにするだけ。

★新しい「今日の確認」は、一日を効率的に管理するお手伝いをします。
今日が期日の、または、今日予定されているTo-Doはすべて「今日」に表示されます。確認したら素早く判断し、今日始める優先項目を選び、後日に延ばすものを決断しましょう。

★革新的なスクロール式カレンダーは、今まで無かったのが不思議なほど自然。
カレンダーを月ごとに分けるのではなく、スクロールで流れるように継続していく日付方式なので、1タップでいつでも次の数週間(と、その先ずっと)がそこに。スクロールするだけ。

★さらに
・To-Do をキャンセル To-Do を完了しないことに決めたら、そのチェックボックスをタップ&ホールド。
・即座にログ To-Do は、完了次第自動的にログブックに移動します。
・全プロジェクトを今日に 個々の To-Do だけではなく、プロジェクトの全容を「今日」に追加。
・週の始まりを指定 あなたの週の始まりをデバイスのデフォルト設定から独立させて設定 。
・新しいエンジン 迅速な Things Cloud パフォーマンスを追求した新デザインコア。

なお、価格はiPhone版が850円、iPad版が1,700円、Mac版が4,300円となっており、既存のユーザーは無料でアップデート可能です。

Things
価格:¥850 (記事公開時)

Things for iPad
価格:¥1,700 (記事公開時)

Things
価格:¥4,300 (記事公開時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で