「iOS 6」は既に次期iPhoneのディスプレイ解像度に対応している?!

9 to 5 Macによると、iOS SDKに含まれるiOSシミュレーターからAppleが次期iPhoneで採用すると言われているディスプレイ解像度をテストしている証拠が見つかったそうです。

iOS SDKに含まれるiOSシミュレーターを次期iPhoneのディスプレイ解像度と言われている640×1136ピクセルの解像度で動かす事が出来たそうで、640×1136ピクセルで動かすと「iOS 5.1」のシミュレーターはホーム画面のアイコンが4段表示になるものの、「iOS 6」のシミュレーターでは5段表示になるようになっており、「iOS 6」が既に640×1136ピクセルの解像度に対応している事が予想出来るとのこと。

(image source:9 to 5 Mac)

なお、640×1136ピクセル以外の解像度ではアイコンは5段表示にならないそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で