Apple、EPEATの認定返上に対する批判に回答

apple logo1.jpeg先日、Appleが「環境よりデザインを優先させるため」としてEPEATの認定を返上した事が分かり、その後、サンフランシスコ市は今後EPEAT認定の無いMacを購入しない意向を示していますが、The Loopによると、AppleのKristin Huguet氏がEPEATの承認を取り下げに関する批判に回答したそうです。
その回答が下記の通り。

Appleは環境への影響を測定するために包括的なアプローチを採用しており、当社の製品は全て、米国政府公認のEnergy Star 5.2に準拠した厳しいエネルギー効率基準に適合している。また、当社は各製品の温室効果ガス排出量をウェブサイトで公開することでも業界をリードしており、Apple製品はEPEATの基準では測定されない重要な環境分野、例えば有害物質の排除などにおいても優れている。
(引用元:CNET JAPAN)

なお、Dellは171製品でEPEATの認定を取得しているもののEnergy Starには適合しておらず、The LoopのJim Dalrymple氏はEPEAT認定は”古い”と述べています。
【関連エントリ】
 ・Apple、米環境基準EPEATの認定を取り下げ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で