「MacBook Air (Mid 2012)」のSSD、Samsung製と東芝製の速度比較

本日、「「MacBook Air (Mid 2012)」と旧モデルとのSSDのパフォーマンス比較」という記事を公開し、「MacBook Air (Mid 2012)」と旧モデルとのSSDの速度比較結果をお伝えしましたが、「MacBook Air (Mid 2012)」でも従来のモデルと同じくSSDは東芝製とSamsung製の2通りがある事がほぼ確認出来ましたので、メーカー別のパフォーマンス比較結果をお伝えしたいと思います。



overview_gallery_sizessss.jpg


まず、Samsung製と思われるSSDのデータについては@chashinaiさんから情報を頂き、Samsung製と思われるSSDの機種名は「SM256E」になっており、東芝製と思われるSSDの機種名は「TS128E」という事がOS X Dailyによって確認されています。



このMacBook AirのSSDの機種名は前モデルの「MacBook Air (Mid 2011)」の例 (TS128CとSM128Cなど) から考えると、「MacBook Air (Mid 2012」ではSamsung製が”APPLE SSD SM(容量)E”、東芝製が”APPLE SSD TS(容量)E”になると予想でき、「MacBook Air (Mid 2012)」でもSSDには東芝製とSamsung製の2通りがあるものと思われます。



そして、「MacBook Air (Mid 2012)」に搭載されている両メーカーのSSDのベンチマーク結果が下記の通り。




メーカー読み込み書き込み
東芝製461MB/s364MB/s
Samsung製444MB/s403MB/s
(データ提供:OS X Daily@chashinaiさん ※小数点以下は切り上げています)


前モデルまではSamsung製の速度が東芝製を大きく上回っていましたが、上記の数字を見る限り、Mid 2012モデルではどちらかが飛び抜けて速いという訳ではないようです。



なお、上記のデータは各1台のみで測定されたデータの為、個体差や誤差もあると思いますし、SSDの機種名からのメーカーの特定もあくまで私個人が過去の例から推測したものですので、参考として捉えて頂ければと思います。



【関連エントリ】

 ・「MacBook Air (Mid 2012)」と旧モデルとのSSDのパフォーマンス比較

 ・「MacBook Air (Mid 2011)」はSSDにより性能に差がある

 ・MacBook Air (Late 2010)のSSDは東芝製とSamsung製(?)がある

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で