「WWDC」の歴史:発表内容や来場者数などのまとめ

本日、Cult of Macが、10年前の「WWDC 2002」から昨年の「WWDC 2011」までの「WWDC」で発表された内容をまとめて公開しています。


wwdc_2012.jpg


それを簡単にまとめたものが下記の表ですが、発表内容と共にその年の「WWDC」への来場者とチケットの販売状況も記載してありますので、是非どうぞ。




発表内容来場者数やチケットの販売状況
2002Mac OS X 10.2 Jaguar、QuickTime 6、Rendezvous (現Bonjour)、Mac OS 9の葬儀
2003Power Mac G5、Mac OS X 10.3 Pantherのプレビュー、Safariの正式版、iApps(現iLife)、iSight約3,000人
2004新しいApple Cinema Display、iTunesのポッドキャストサポート、Mac OS X 10.4 Tigerのプレビュー3,500人
2005Intel x86プラットフォームへの移行、Rosetta3,800人
2006Mac Pro、新しいXserve、Mac OS X 10.5 Leopard4,200人
2007iPhoneの発売日、Mac OS X 10.5 Leopard Beta、Safari for Windows5,000人以上
2008iOS 2.0、App Store、iPhone 3G、Mac OS X 10.6 Snow Leopardのプレビュー、MobileMeチケットが初めて売り切れる
2009MacBook Pro 15/17インチのアップグレード及び13インチの追加、MacBook Airのアップグレード、Mac OS X 10.6 Snow Leopardのプレビュー、iPhone 3GS、iOS 3.0WWDC開幕2ヶ月前に売り切れ
2010iPhone 4、iOS 4.0発売開始後8日で売り切れ
2011Mac OS X 10.7 Lion、iOS 5、iCloud、iTunes Match発売開始後12時間以内で売り切れ
2012iOS 6、Mountain Lion、次期MacBook Proなど(予想)発売開始後2時間で売り切れ


なお、Cult of Macには発表内容以外にその年の「WWDC」の写真や動画も掲載されていますので、是非どうぞ。


【関連エントリ】

 ・バナー写真で振り返る「WWDC」の10年

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で