Mac向けマルウェア「Flashback」の新たな亜種が登場

ITmediaによると、ウイルス対策ソフトメーカーIntegoが、Macを狙ったマルウェア「Flashback」の新たな亜種「Flashback.S」が登場していると報告しているそうです。
「Flashback.S」は引き続きJavaの脆弱性を悪用する手口でMacに感染し、ホームフォルダに不正なファイルを保存して、そのフォルダ内にある全ファイルを削除し、検出を免れようとする特徴があるとのこと。
この亜種で利用されているJavaの脆弱性はAppleがアップデートで修正済みなので、アップデートがまだの方はソフトウェアアップデート経由でJavaのアップデートをインストールする事をオススメします。
【引用元】
 ・ITmedia

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で