MS、AutoUpdate経由での「Office for Mac 2011 SP2」の配布を一時停止を発表

office mac logo.JPG先日、Microsoftより「Office for Mac 2011 SP2」がリリースされましたが、本日、Microsoftが「Office for Mac 2011 SP2」のアップデート時に一部ユーザーから「Outlook for Mac」のデータベースに関する不具合が報告されているとしてMicrosoft AutoUpdate経由での「Office for Mac 2011 SP2」の配布を一時的にストップする事を発表しています。
スタンドアロン版がこちらからダウンロード出来ますが、アップデートされる方はご注意を。
【関連エントリ】
 ・Microsoft、「Office for Mac 2011 Service Pack 2」をリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で