シャープ、IGZOを採用した液晶パネルの生産を開始

ITmediaによると、シャープは酸化物半導体(IGZO)を採用した液晶パネルの生産を開始したと発表したそうです。
同パネルの生産は亀山第2工場(三重県亀山市)で3月から開始されており、4月から本格的な生産に移行するとのこと。
なお、液晶パネルの仕様(サンプル)は、液晶ディスプレイ向けに3840×2160ドット表示の32型(140dpi)、高精細ノートPC向けに2560×1600ドット表示の10型(300dpi)、タブレット向けに800×1280ドット表示の7型(217dpi)を用意しているそうです。
【引用元】
 ・ITmedia

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で