Retinaディスプレイ不足が「新しいiPad」の出荷量に影響

ipad3icon.pngApple Insiderによると、Sterne AgeeのアナリストであるShaw Wu氏がサプライチェーンを調査したところ、Retinaディスプレイの供給量が少ない事から「新しいiPad」の出荷量が制限されているようだと報告しているそうです。
なお、同氏は新しい生産ラインや供給元の追加などから来四半期にはこの状況は改善されると予想しているそうです。
「新しいiPad」用のRetinaディスプレイはSamsungが供給しており、LG Displayとシャープも最近になって少量出荷を開始したと言われています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で