米司法省、米Appleと出版社5社を独占禁止法違反で提訴

読売新聞TechCrunchなどによると、米司法省が、インターネット経由で販売する電子書籍の価格を、共謀のうえ不当につり上げたとして米Appleと欧米の出版社5社を独占禁止法(反トラスト法)違反でニューヨークの裁判所に提訴したそうです。
Appleと出版社は電子書籍の価格を出版社側が決められるようにして、販売価格を引き上げ、消費者や他社との競合を阻害した疑いがあるようで、司法省は1年にわたってこの件を調査してきた模様。
なお、出版社5社のうち、Simon & Schuster、Hachette Book Group、HarperCollinsは既に和解が成立したようで、AppleとMacmillanは和解協議に参加する事を拒否しているとのこと。
【引用元】
 ・読売新聞
 ・TechCrunch

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で