Apple、「Java for OS X 2012-002」をリリース

software_update2.gif本日、Appleがソフトウェアアップデート経由で「Java for OS X 2012-002」をリリースしています。
このアップデートにより、Java SE 6のバージョンが”1.6.0_31″までアップデートされ、信頼性、互換性、セキュリティが向上するようで、記載されている内容は先日にリリースされた「Java for OS X Lion 2012-001」と同じ内容となっており、どこが修正されたのかは不明です。
昨日に60万台以上のMacがマルウェア「Flashback」に感染しているといった報告もありましたが、この件に関係しているのかもしれません。
【関連エントリ】
 ・60万台以上のMacがマルウェア「Flashback」に感染か?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で