Foxconn内部を独占取材した「iFactory:Inside Apple」の新たな映像

9 to 5 Macが、米ABCニュースの報道番組Nightlineがまもなく放映するAppleの「iPhone」や「iPad」などを生産しているFoxconnの工場の内部を独占取材したドキュメンタリー番組「iFactory:Inside Apple」の更なる映像を紹介しています。
番組放送に先駆け5分間の予告版みたいなものが公開されたようで、その映像が下記動画です。

また、The VergeがFoxconnについて新たに分かった事実を公開しており、まとめると下記の通り。
・iPhoneの製造には141の工程が必要で、基本的にはハンドメイド
・1台のiPadを製造するには5日間と325の手が掛かっている
・1日に30万台のiPad用カメラモジュールを生産
・食事は一回につき0.7ドル(約55円)で、仕事は12時間の交代制
・寮暮らしの労働者は1部屋につき6〜8人で眠り、家賃は1ヶ月17.50ドル
・労働者の時給は1.78ドル(約140円)
・新入社員は3日間のトレーニングを受講
・Appleが「公正労働協会 (FLA)」に支払った監査費用は250,000ドル(約2000万円)
なお、「iFactory:Inside Apple」の本編はまもなく放送されます。
【関連エントリ】
 ・「iPad」などを生産しているFoxconnの工場内部の映像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で