Retinaディスプレイを搭載したiPad用のアートワークは超巨大

Cult of Macによると、iOSアプリ開発者のJames Thomson氏が、噂されている次期iPadのRetinaディスプレイ (2048×1536) に対応したアートワークを作成しており、その画像を公開したそうです。
そのアートワークが下記画像ですが、下記画像は縮小してありますので、実物大の画像はこちら

big-retina-artwork.jpg
超巨大ですね…。
また、GIZMODOが上記画像を引用し、現行のiPad用及びiPhone 4/4S用のアートワークの大きさと比較したものが下記画像となっています。
retinahikaku.jpg
(クリックにて拡大 / Photo by GIZMODO)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で