中国の企業が商標問題によりiPadの輸出入禁止を求める

ipad20220ss1mini.jpg先日から、中国においてiPadという名称の商標権を保有すると主張するProview International Holdingsの訴えにより中国の一部都市では店頭からiPadが消えるという事態が発生していたのですが、CNET JAPANによると、そのProview International Holdingsが、今度はiPadの輸出入禁止を求めて同国の税関当局に書類を提出したそうです。
もしこの主張が認められた場合、iPadは中国で組み立てられている事からかなりの影響が出る事が予想される為、今後の動向が気になりますね。
【引用元】
 ・CNET JAPAN

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で