韓国での「iPad」の累計販売台数が100万台を突破

ipad20220ss1mini.jpg本日、The Korea Heraldが、業界筋によると、韓国でのAppleの「iPad」の累計販売台数が100万台を突破したようだと報じています。
Appleは2010年11月30日より韓国で「iPad」を販売していますが、2011年には約70万台の「iPad」が販売され、「iPad」の正式販売が開始される前に購入したユーザーの数を考えると100万台をはるかに超えているものと推測されるようです。
なお、そのうちの3分の2はWi-Fiモデルだったそうで、韓国市場での「iPad」のシェアは70~80%に達しているものと考えられているようです。
また、韓国といえばAppleと争っているSamsungの本拠地ですが、Samsungは同社のタブレット端末である「Galaxy Tab 10.1」がこれまでにどれだけ販売されたか明らかにしていないとのこと。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で