Microsoftは2年以上前からARM版Windowsの開発に取り組んでいた事が明らかに

本日、MicrosoftがARM版Windowsこと「WOA (Windows on ARM)」の詳細をBuilding Windows 8にて明らかにし、ARMハードウェアの試作機で動作するWOAの初期開発ビルドの写真を公開していましたが、iStartedSomethingが、その写真のExifを調べたところ、Microsoftは少なくも2年以上前からWOAの開発に取り組んでいた事が分かったそうです。
その証拠写真が下記画像ですが、写真の撮影日はAppleが「初代iPad」を発表した”2010年1月27日”よりちょっと前の”2010年1月22日”となっているとのこと。

woadate.jpg
(クリックにて拡大 / Photo by iStartedSomething)
なお、Exifのデータは編集することが可能な事から本当かどうかは不明ですが、本当であればMicrosoftは2年以上前からWOAの開発に取り組んでいた事になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で