次期iPadが採用すると言われている画面解像度と歴代iOSデバイスの画面解像度の比較画像

3月に発表されるものとみられている次期iPadはディスプレイの解像度が現行の4倍である2048×1536ピクセルになるものと噂されていますが、GIZMODOによると、Chris Koernerが次期iPadの解像度(2048×1536)とiPhone 3G・3GS/iPhone 4・4S/iPad 1/2などの解像度との大きさ比較画像を公開しているそうです。
下記画像はかなり縮小していますので、実際のサイズはChris Koernerへどうぞ。

omgitsfullofpixels.png (Photo by Chris Koerner)
この解像度が9.7インチで採用されるとなると精細さが想像出来ますね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で