Microsoft、日本でも「Kinect for Windows」の出荷を開始

本日、日本マイクロソフト株式会社が、商用利用が可能な「Kinect for Windows センサー」を2012年2月2日(木)より出荷することを発表しています。

6560.Kinect for Windows_Hero_300x148.jpg
日本国内では、流通パートナーとしてシネックスインフォテック株式会社、ソフトバンクBB株式会社、ダイワボウ情報システム株式会社、そして株式会社ハピネットの4社様を通して順次販売開始となるようで、直営オンラインストアである「Microsoft Store」でもアプリケーション開発者向けに24,800円(税込)で販売するとのこと。
なお「Kinect for Windows センサー」の利用にはソフトウェア開発キット (SDK) もしくはKinect for Windows用に開発されたアプリケーションが必要になります。
 ・プレスリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で