Mac向けマルウェアがOSの定義ファイル更新機能を無効化する機能を搭載

ITmediaによると、Macに感染するマルウェア「Flashback」の亜種が、Mac OS Xに組み込まれているウイルス対策アプリケーションの自動更新を無効化する機能を持つことが分かったとセキュリティ企業のF-Secureが報告しているそうです。
現在、Mac OS Xには自動で定義ファイルを更新するウイルス対策アプリケーションが組み込まれていますが、「Flashback.C」というマルウェアの亜種はこの自動定義ファイル更新機能を無効化するようです。

flash_player_trojan.jpg
「Flashback」はFlash Playerのインストーラに見せかけてMacに感染するマルウェアで、Appleも何らかの対応をしてくると思いますが念のためご注意を。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で