「Windows 8」の起動時間は「7」と比較して30〜70%高速化

ITmediaによると、米Microsoftが「Building Windows 8」にて、「Windows 8」には起動時間を高速化する新方式を導入する事を明らかにしたそうです。

windows8logo.png
「Windows 8」にはコールドスタート(完全にシャットダウンした状態からの起動)とハイバネーション(休止状態)の中間のような起動方法を取り入れることで、Windows 7をコールドスタートさせるのと比べ30~70%高速化しているそうです。
この新方式では、停止時にユーザーセッションはクローズするが、OSのカーネルセッションはハイバーネーションしてHDDに格納しておくことで、ユーザーセッションで多数のアプリケーションが利用されている状態に比べるとハイバネーションで格納するデータは小さくて済み、カーネルセッションをハイバネーションしておくことでシステムをフルに初期化するコールドスタートに比べ次回起動時に高速なブートが可能になるそうです。
なお、詳細は引用元のITmediaへどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で