「Windows XP」のサポート終了まで残り1,000日

ms_winxp.gifWindows XPは“メインストリームサポート”が既に2009年4月14日で打ち切られ、今は2014年4月8日までの“延長サポート”期間となっていますが、Softpediaによると、Windows XPのサポート完全終了まで残り1,000日になったそうです。
Windows XPはリリースから約10年経ったものの、まだ世界市場では約45%のシェアがあり、世界中の企業が使用しているPCのOSシェアでも約60%のシェアを誇っていますが、2014年には”Windows 8 SP1″がリリースされてると予想され、流石にWindows XPのシェアもかなり低くなっているものと予想されます。
【関連エントリ】
 ・MS、XPのサポート終了までのカウントダウンガジェットを公開
 ・世界中の企業が使用しているPCのOSシェア (2010/4~2011/3)
 ・「Windows 7」の販売は好調
 ・米国市場のOSシェアでようやく「7」が「XP」を上回る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で