次期iPhoneは、より薄く、より軽くなり、800万画素カメラを搭載?!

cdma iphone.jpgApple Insiderによると、The Wall Street Journalが事情に詳しい情報筋によると、Appleは2011年第3四半期中にリリースする予定である次期iPhoneに使用する重要なコンポーネントの発注を開始しているようだと伝えています。
複数のAppleのコンポーネントサプライヤーの情報筋によると、次期iPhoneはiPhone 4より薄くより軽くなり、800万画素カメラを搭載するようで、1人の情報筋はQualcommのベースバンドチップを搭載するとも述べているそうです。
また、Appleは今年末までに2,500万台の次期iPhoneを販売することを目標としているようで、初期の生産量は200〜300万台になるとみられており、コンポーネントサプライヤーには8月に組み立てを行うFoxconnへコンポーネントを出荷するようにと指示されているようです。
更に、情報筋は次期iPhoneは複雑で組み立てるのが難しい事から、Foxconnが歩留まりを改善する事が出来なければ次期iPhoneの出荷が遅れる可能性があるとも述べているそうです。
これまでの情報や噂では次期iPhoneはデザインはあまり変わらないとの事でしたが、やはりデザインが変更されるのでしょうか??
【関連エントリ】
 ・Pegatronが次期iPhoneの委託製造を受注し、9月に出荷開始か?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で