米国のスマートフォンOS市場シェアでiOSが首位を譲らず

9 to 5 Macによると、市場調査会社の米Nielsenが、2010年11月時の米国でのスマートフォンOS市場シェアのデータを公開したそうです。
そのグラフが下記画像ですが、iOSが28.6%、BlackBerryが26.1%、Androidが25.8%となっており、iOSが10月に続き1位になったそうです。

smartphone-os-nov2010-2.jpg
(クリックにて拡大 / 画像は9 to 5 Macより)
現在のところまだ1位のiOSですが、過去6カ月間にスマートフォンを購入したユーザーの40%がAndroid搭載スマートフォンを選択しており、この調子で進むと今年早々にはAndroidが1位になりそうな感じですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で