Intel、“Montevina”向けのCPUを5月にローンチ

intel_logo.jpgDigiTimesによると、Intelは今年5月にローンチ予定の次世代Centrinoプラットフォームこと“Montevina”と同時期にその“Montevina”向けCPUを15種類投入することを計画しているそうです。
また、ノートブックメーカーの関係者によると、15種類のうち7種類は通常の35mmサイズで、残りの8種類は小さいフォームファクター向けの22mmサイズになるとのこと。
そして、DigiTimesに掲載されているCPUの情報をまとめると下記の通り。
【Core2 Extreme】
 ・QX9300/FSB1066MHz/L2=6MB x2/TDP45W/4コア
【Core2 Extreme】
 ・X9100/3.06GHz/FSB1066MHz/L2=6MB/TDP44W/2コア
【Core2 Duo】
 ・T9600/2.80GHz/FSB1066MHz/L2=6MB/TDP35W
 ・T9400/2.53GHz/FSB1066MHz/L2=6MB/TDP35W
 ・P9500/2.53GHz/FSB1066MHz/L2=6MB/TDP25W
 ・P8600/2.40GHz/FSB1066MHz/L2=3MB/TDP25W
 ・P8400/2.26GHz/FSB1066MHz/L2=3MB/TDP25W
 
【Core2 Duo】※スモールファクター向け
 ・SP9400/2.40GHz/FSB1066MHz/L2=6MB/TDP25W
 ・SP9300/2.26GHz/FSB1066MHz/L2=6MB/TDP25W
 ・SL9400/1.86GHz/FSB1066MHz/L2=6MB/TDP17W
 ・SL9300/1.60GHz/FSB1066MHz/L2=6MB/TDP17W
 ・SU9400/1.40GHz/FSB800MHz/L2=3MB/TDP10W
 ・SU9300/1.20GHz/FSB800MHz/L2=3MB/TDP10W
【Celeron】
 ・723/1.20GHz/FSB800MHz/L2=1MB/TDP10W/1コア
【関連エントリ】
 ・“Santa Rosa”の次のモバイルプラットフォーム”Montevina”

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で